大阪市阿倍野区の親知らずの抜歯や口腔外科治療の実績あるおおくぼ歯科医院(文の里)
HOME>口腔外科

口腔外科

口腔外科治療
笑顔の女性

歯科ではほとんど、虫歯と歯槽膿漏を扱いますが、これら以外にも口の中にも病気があります。
顎の骨が折れたり、腫瘍ができることもあります。また、生まれつき唇がわれている子供もいます。
こういった虫歯や歯槽膿漏以外の口腔の病気を専門としてみるのが、口腔外科です。
抜歯(歯を抜くこと)から始まり、口腔癌や唇顎口蓋裂の手術などの高度な知識と技術を必要とするものまで、きわめて、多岐にわたる疾患の診断と治療をします

親知らずの抜歯

「親知らず」(親不知・おやしらず)とは、前から数えて8番目の歯です。(第三大臼歯、知歯とも言います)

親知らずは、生えてくる場合と生えてこない場合(又は最初から無い場合)があるのですが、この歯は場合によっては抜歯してしまった方が良いことがあります。

親知らずの生え方によっては歯磨きをきちんとすることが不可能な場合があり、そのような場合には将来的に虫歯や歯周病になってしまう可能性が非常に高く、最悪の場合は手前の健康な歯(7番)を巻き添えにしてしまうため、早めに抜歯しておくことが推奨されます。
横になった親知らず歯並びを悪くする原因にもなりかねません。症状がなくてもなるべく、若いうちの抜歯を勧めます。

歯茎の中に、完全に潜っている場合、その存在を気付いていないことがあります。そういう場合でも手前の歯への悪影響は同じですので、抜いた覚えのない人はレントゲンを撮りましょう。
親知らずが虫歯になってしまった場合、一番奥の歯なので治療器具が届きにくく、その後のメンテナンスも難しいので、治療をしたとしても高確率で再発します。
そのため、親知らずが虫歯になったら治療をせずに抜歯をするというケースも多くあります。

親知らずを抜く場合(抜歯)には、生えてから出来るだけ早い方が良いとも言われております。
(20歳前後が最適)
その理由は以下の通りです。

  1. 虫歯や歯周病になってからでは遅いため。
  2. 虫歯や歯周病になってからだと、麻酔が効きにくくなる場合があるため
  3. 若い時の方が、親知らずを抜いた後の骨の回復が良いため
  4. 抜く時期が遅いと、親知らずが骨と引っ付いてしまって抜くのが大変になることがあるため

このような事態にならない為にも、一度当院にご相談頂ければと思います。
当院では、外科処置を得意としていますので、抜歯の経験も非常に豊富です。
安心してお任せください。
親知らずは、本当に頻度の高い口腔外科処置ですが、一般歯科では、扱っていない医院も多いです。

歯牙移植(親知らずの移植)
治療器具

どうしても抜かなければならない歯ができてしまった場合でかつ別の不要な歯があった場合にその歯を1度抜き別の場所へ移して植えてやる事により機能の回復を図ろうとする事で、歯牙移植は主に、奥歯が抜けてしまったところに親知らずを移植します。

そのため、移植に使用可能な健康な8番(親知らず)が生えていることが、移植の最低条件です。

場合によっては親知らず以外の歯を移植歯として用いることもありますが、親知らず以外の歯を移植する場合には一切保険は利きません。

また、親知らずを移植する場合でも保険適用となるためには、抜歯したその日のうちに親知らずの移植を行う必要があります。
条件にあった歯が必要なので全ての場合に可能ではありませんが、条件さえ合えぱ、自分の歯なので大変良好な結果が期待できます。費用的にもインプラントのほぼ半分程の費用で済みます。

歯牙移植は全ての歯科医院で行われているわけではありませんので、是非一度ご相談下さい。

症例
第2大臼歯が虫歯で抜かなければいけない状態であったので、健全な親知らずを1度抜き第2大臼歯(7番目の歯)の部位に移植した症例。

抜歯即時インプラント

インプラントは、歯がなくなった部位に人工の歯根を埋め込むことで本来の歯と同様の機能を持たせるものとされています。しかし、実際に歯がない部位や抜歯をして治癒するまで待った部位の歯槽骨は吸収して少なくなってしまうことも多く、インプラントが困難になるケースもありました。そこで、抜歯をすると同時にその後にインプラントを埋め込む抜歯即時インプラントという方法があります。これは、1978年にShulteが初めて報告したといわれています。
抜歯後即時インプラントは、抜歯した際に歯が本来あった抜歯窩とよばれる穴へ直接インプラントの埋入をします。これによって、改めて歯槽骨に穴を開ける必要がなく、また抜歯と埋入が1度に行われるため外科処置が1回でよいため、負担が少なくてすみます。ただし、このときインプラントと抜歯窩のサイズは完全に一致しないので隙間ができます。この隙間の大きさが2㎜以内ならば骨が再生するとされていることから、慎重に適用であるかを診断する必要があります。また、即時インプラントで使われるフィクスチャーは通常のインプラントのものと形状が異なり、抜歯窩にあわせて上部がやや広がった形になっています。
抜歯後即時インプラントには、いくつかのメリットやデメリットがあります。

メリット
  1. 抜歯と同時に行われるので、手術回数や時間、治療期間が半分程度ですむ。
  2. 切開や歯肉の剥離などを行わないので、痛みや腫れなどが少なく回復がよい。
  3. 歯槽骨が吸収していないので、骨造成や移植などの必要がほとんどない。
  4. 早い段階で審美的にも回復することができる。
おおくぼ歯科医院 大阪府阿倍野区文の里1丁目8-28 文の里ロイヤルハイツ1階 Tel.06-6622-4567